ジュエリーデザイナーとしてのポリシーは自分の技量にお客様をはめ込まないこと。

先日、加工を職人さんに
依頼している理由をブログにしました

好きを仕事にしたい人が「自分の好き」を細分化するメリット

 

好きで仕事にしている人には
かなわない、と言う理由の他に
もう一つ大きな理由があります。

それは
「お客さまの希望を
自分のできる範囲に納めない」
と言う事です。

職人さんって一口に言ってもいろんな
方がいます。
クロムハーツ系のごっついシルバーを
得意とする人、
シンプル系を得意とする人。

当然、「作る事はできるけれど
得意ではない」ものもあるのですよ。

それと同じで
私がデザインして製作まで
しようとしたら。

 

接客する時に
「自分が作れるもの」
「作りたいもの」に
デザイン提案の内容を
「寄せて」行くことも
できちゃうわけです。

でもそれって本末転倒。
それじゃこんな笑顔はみられない。

お客様の欲しいものを形に
するという第一目的から
外れていますよね。

だから、自分の技術に納めずに
「作れる」「できる」職人さんに
都度加工を依頼しています。

職人さんも、シルバーが得意な
人はこれ、シンプル系が得意な
人にはこれ、のように加工を
出し分けてもいますよ。

「あなたの」好き
「あなたの」欲しいが一番大事。

その「欲しい」形を叶えるために
私の「作れる」を外して
提案したい。
そう考えて
オーダーメイドジュエリーの
お仕事をしています。

お手持ちのジュエリーの
修理やリデザイン相談は
お気軽にご相談くださいね!

オーダーメイドリフォーム相談はこちら

ご予約フォームはこちらです

 

__________________

「ありがとう」が伝わる物語のあるジュエリー
アンリガトウオンラインショップ



東京/東急目黒線・武蔵小山のサロンでもジュエリーのご相談を承ります。どうぞお気軽にご相談ください。
RESERVA予約システムから予約する

POP-UP出店イベント

ぜひお越しくださいませ。
2020/4/16(水)~4/22(火)【東京】東武百貨店 1F2番地アクセサリー売り場イベントスペース
2020/4/29(水)~5/5  (火)【福岡】博多阪急百貨店 3Fステージ3イベントスペース
__________________