ちょっとタダで教えてよ問題のスマートな解決方法

先日、SNSで繋がっている人からメッセージをもらいました。確か何かのセミナーでご一緒したかただったのですが、特に投稿にコメント来たりすることもないかたです。
要約すると、私がどうやって今のように活動ができているのか知りたいということだったのですが、こういう「質問できる有料サービスありますよ」とお伝えしたら、返信が来なくなりました。

いわゆる「ちょっとタダで教えてよ」案件です。あなたの強み(得意としていることや経験)をタダで教えてよと言われた時。あなただったらどう対応しますか?

時間対費用意識

会社員だった時は、一生懸命働いていようが、たとえサボろうが、固定給が入りますよね。でも個人事業主は、どれだけ一生懸命働いても、収入にならないことがあります。なので、何にどれだけ時間をかけるかはかなりシビア。

 

その人があなたにしようとしたのは「搾取」です

「ちょっと教えてくれるくらいいいじゃない」そう言ってくる人もいるかもしれませんね。でもそれって、あなたの時間を、あなたのの経験を「無料で」欲しいと言っていることなのです。

さらにこういうこと言ってくる人に共通するポイントとして、そこまで交流がない方なんですよね。お友達でもない人に、どうして無料で奉仕しなきゃいけないんでしょうね?理由があるならぜひ伺いたいものです。

交流がきちんとあるお友達はむしろ、払うから、むしろ払わせて!!!って言ってきます。「無料でもらって得をする」でも、その代償を別のところで払うことになることを知ってるんですね(ええ、スピリチュアル的な観点からもそうです)

ちょっと脱線しますが、人から搾取した人は、別の人から搾取されます。これはもう世の中の常としてそうなっています。だからこれまで不可抗力で搾取されて悔しい思いをしたことがある方は「私が手を下すまでもないこと」と思ってみてください。別の不思議な力が働いて、相手に何かしらのダメージがいくようになってます。(程度は色々あるでしょうけどね)人を困らせたり、迷惑をかけたりした人は、それ相応の報いを受けるようになってるので、嫌だった感情は手放しても大丈夫。

 

搾取を退ける方法

でも、これから搾取されるのは避けたいですよね!そういう時のために、「有料で聞ける」メニュー作っておくといいですよ!1時間の時給をいくらにするかはあなた次第。
でも、これを作ったことで、「ちょっと教えてよ、(無料で)」はかなり撲滅できました(笑)
アンリガトウの相談メニュー

タダで教えてよ、タダでやってよ、に対して失礼な!!と怒っても、相手に悪気がない場合もあるんですよね。そこでメニューがあるよ、と提示することでその人が搾取しようとして寄ってきただけの人だったのか、あなたの経験を学びたいと真摯に思って問い合わせてきた人なのか判断ができますよね!

私の経験上、「この人なんか変だな」とか「なんかしっくりしないな」という人とは関わらない方が賢明です。後々、あ〜〜あのとき第六感的なのがサイン出してたのにね〜〜〜と思うはずなんですよ。ちゃんと、事前にわかったのに、その警告を「気のせい」とか「第一印象で決めちゃいけない」とか自分で押さえ込んでるんです。でもそういう時って後から「あ〜〜やっぱりね」みたいなことになる。変な人は有料メニュー出すだけで退散してくれる場合が多いですよ!有料で出してるものを無料にしては流石に言いにくいと見えます。お試しできるサービスを出している人いるけど、もっと手前の「聞ける」メニューが必要なんです。

 

実際私も、有料メニューあるけどちょっとくらいならいいよと相談に乗ってもらったりしたことあります。でもお友達でもここまではいいけどこれ以上はってあったりしますし、有料と打ち出しておくことで、無料で教えてもらうことは特別で特例なんだと暗に伝えて貸しにする(笑)こともできるのです。

私の場合はフルオーダーの相談は無料にしてますが、OEM/ODMのデザイン相談は2回目以降有料にしてます。無料にするのはその後成約した時が大きいからなんですよね。有料は単発で相談事が終わりそうな時に設定してますよ!

 

ぜひ、あなたもあなたの経験が聞ける有料メニュー、作ってみてくださいね!
アンリガトウ有料相談メニューお問い合わせはこちら