手を洗うときに耳に留められるから失くさない&ちゃんと手が隅々まで洗えるイヤカフ

コロナウイルス対策として手洗いが推奨されています。30秒くらいしっかりと石鹸を泡だてて隅々まで洗うことでウイルスを除去できる手洗い。大事ですよね!でも、外出先でこんなことありませんか?

 

外出先で手を洗うシーン

今日は取引先との打ち合わせでお守りにお気に入りのリングをつけてきた。その効果は絶大!!契約取れた!やったね!!!

帰り道の駅でお手洗いに入り、隅々まで手を洗おうとしてふと、今日はリングをしていることに気がつく私。。。以前、リングをはずして「ちょっとだけ」と棚に置いて手を洗って、そのまま置き忘れしちゃったことがあるんだよな。そして見つからなかった・・・orz

紛失が怖いから、ポケットに入れたいけれど、それもまたつけ忘れていつの間にかなくす自信がある私。。。
でもこのリング水に弱い石を使っているから濡らしたくないしそれに手を洗う時にリング外さないと、隅々まで洗ったことにならないよね。。あ〜〜〜しまった、どうしよう・・・

外出先での手洗いでこんなことないですか?

どうでしょうか。

あるあるですよね〜!!!!
以前、勤務していた会社で洗い物をしているときに目の前の棚にエンゲージリングが置き忘れられているのを発見して慌てて持ち主に届けたことがあるのです。社内だったらまだしも、外出先で万が一大切なリングを紛失しちゃったらもう探せないですよね。。。
大切なものだと認識してて、「ちょっと」外して洗い終わったらまたつけよう、と思っているんですよ。でも忘れちゃうのですよね。。

外出先で手洗いをしっかりしたい!こんなときにおすすめのアイテムがあります。

 

安心して手洗いができる方法

 

「手を洗うときに耳に留められるから失くさない&ちゃんと手が隅々まで洗えるイヤカフ」

イヤーカフという耳にピアスの穴が空いていなくてもつけられて、落とす心配がほぼないアイテムがあります。
リングとして普段つけられて、外出先の手洗い時には耳につけられ、置き忘れる心配がなくなります。

イヤカフリングは単体でも、もちろんお使いいただけるのですが、現在マリッジリングやエンゲージリングと言った絶対無くしたくないリングをお使いの方にも一緒にお使いいただくことをおすすめする理由があります。

 

大切なリングと一緒にお使いいただくメリット

お写真でご説明しますね。小指にはめているリングはダイヤモンドのエタニティリング(エンゲージリングだと思ってください)。人差し指のムーンストーンはイヤカフにもなるリング、イヤカフリングJEWEL(ムーンストーン)です。

イヤカフ 着用シーン

外出先で手を洗いたい場面があったら、リングを外します。

てを洗うシーンで両方外します

イヤーカフの切れ目に、エタニティリングを通します。

イヤカフリングの隙間にリングを通します

イヤカフリングにエタニティリングが通りました。

イヤカフリングにエタニティリングが通りました

耳のくぼみにひっかけるようにして着用します。
手を洗うときに目の前の棚に「ちょっと」置くのではなくご自身の「耳」にこうやってお着けいただくことで手をしっかりと洗うこともできますし、置き忘れの心配もなくなりますね!!

イヤカフ 活用シーン

 

 

イヤカフリングJEWELの着け方動画はこちらをご覧ください。

 

マスク着用時でもイヤカフリングはマスクのゴムにも引っかかることなく落とす心配がほぼありません。


イヤカフリングJEWEL開発コンセプトはこちら

手をしっかり洗う機会が増えている昨今、ストレスなく、紛失の心配なくジュエリーをお使いいただけます。

バイキンバイバ〜〜イ

 

手をしっかり洗いたいあなたへのおすすめ、イヤカフリングシリーズ

地金のみのバージョン

イヤカフリングシリーズはこちらからご覧ください

 

 

ジュエリーデザイン画無料アドバイス実施中

10名限定でご自身がお描きになったジュエリーイラストを「作れる」形にするためのアドバイスを無料で行っております。詳細はこちらからご覧ください

リング厚み

オンラインワークショップ

外出自粛が続く日々。ジュエリーを通じて少しでも気持ちをポジティブにしたいと考え、ご自宅で大人の方はもちろん、親子でお子様と一緒に参加できるワークショップで楽しい物づくり時間を提供します
各回1組で行いますので、他の方を気にせずご参加が可能です。詳細はこちら
*参加費は無料ですが対象の商品をご購入いただいた方が対象です。

オンラインイベント

イヤカフ リング

イヤーカフとリングの2wayジュエリー「イヤカフ リング」は耳と指で1つのジュエリーを2通りで楽しめます。

イヤカフリング・ジュエル開発のきっかけは育児中のママの声。「出産育児中は指がむくむし、赤ちゃんを傷つけそうで指輪はできない。ネックレスも赤ちゃんが引っ張るからムリ。イヤカフだけは大丈夫で、女性らしい気持ちを忘れずにいられた」というものでした。

こうした声を受けて「ママでもアクセサリーを楽しんでほしい」という思いで開発したのが「イヤカフリング ・ジュエル」。その日の気分やシーンにあわせて着け替えられる2wayジュエリーです。

  ペリドットイヤカフリングJ



ママの声から生まれたジュエリー「イヤカフリング」シリーズはオンラインショップからもお求めいただけます