イヤカフリングを素材違いのシリーズ展開に変えた理由

イヤカフとリング、2wayで使える
イヤカフリング にSVGP
(シルバー925にK18コーティング)とK10が
新登場しました!

これは、お客様の選ぶ幅を私が狭めるの
違うな、と気が付いたからです。

 

もともと、イヤカフリング は
コンセプト的にも強度的にも
K18のみの展開にしていました。

 

その理由は、
K18の色と強度。

イヤカフとリングの2wayとして使うには
ある程度の強度が必要だと感じていた私は
提供する素材を限定して発売したのです。

 

でも、着用テストとしてSV925素材のイヤカフを
つかってみると、確かにK 18と同じようには
扱えないけれど、気をつけて使えば問題ないな、
と気が付きました。

素材の硬さ

SV925、銀素材は柔らかいのです。

同じ太さの棒材があったとして
K18だとびくともしなくても銀だと曲がってしまう。

銀はどちらかというとしなやかな素材なのです。
そして、どうしても硫化して黒くなりがち。。。。

そこで、K18の成分が入っているコーティングを
施すことで(SVGP/ヴェルメイユといいます)
変色をしにくくしました。

変形には注意が必要な素材ではありますが
軽いので、つけ心地は良いですよ!

 

 

同様にK 10は、金の入る成分が
10/24と半分以下になってしまいます。
そのため、色がちょっと赤っぽくなるのですよね。

でも、それはその色の方が好きな方も
いるかもしれない。

そしてK10は硬い素材になります。
変形はしにくくなる代わりに、
強い力が加わると「折れる」感じになります。

でもそんなに強い力って日常使わない方も
多いですし、力仕事しなきゃいけないシーン
では、それこそイヤカフとして使ってもらえば
いいんじゃないか?
ときがつきまして、発売することにしたのです。

 

商品コンセプトとリブランディング

私はデザイナーとして
商品を作る時にコンセプトを
決めます。

でも、それはデザイナーの
「良かれ」だけでは
伝わらないんだなということを
知って、じゃあその違いを伝えて
選んでもらうようにしたらいい。
と考えが変わりました。

リングとイヤカフ2wayで使えるという
これまでにない商品、イヤカフリング を
いろんなシーンでみなさまに
喜んでいただけるジュエリーに
育てて行きたいと思います!

 

ジュエリーデザイン画無料アドバイス実施中

10名限定でご自身がお描きになったジュエリーイラストを「作れる」形にするためのアドバイスを完全無料で行っております。詳細はこちらからご覧ください
リング厚み
 

外出時の手洗いに使える!「イヤカフ リング」

「手を洗うときに耳に留められるから失くさない&ちゃんと手が隅々まで洗える イヤカフ」外出先の手洗い時に外したリングの置き場所 に困った経験がある方も多いのでは。ちょっとだけポケットに入れても台においても失くす自信がある。。。そんなあなたにおすすめのアイテムです。

イヤカフリング ジュエル平置き

石座の下には「幸せがつながっていく」という意味があるミルグレイン加工を施しました。石座の下の部分からも石のサイドビューが見え、アームにはアンティーク風のテクスチャー入り。リング全体を楽しめるデザインです。

重ねづけ も出来、イヤーカフとリング の2wayでお使いいただけるので、手洗い 時やアルコール消毒 時に濡らしたくないジュエリーを通して耳につけることもできます。

  ペリドットイヤカフリングJ


「イヤカフリング」シリーズはオンラインショップからもお求めいただけます