「もし」私に何かあったら/ジュエリーデザイン学園を始めた理由

ジュエリーデザインに特化した
「ジュエリーデザイン学園」を
この春開校します。

このタイミングで
「いつか」やろうと思っていた
ジュエリーデザインの学校を
作る事を始めようと思った理由。

それは
「私にもしもの事があったら
この技術を伝えられない」と
気がついたからです。

 

もし、私にもしもの事があったら

これまで20年以上かけて
積み上げてきた経験や知識、技術、
ノウハウ。

いつか一緒にお店やりたいね〜と
娘と今日もお話していたのです。

でも、「もし」娘が大きくなる前に
何かあったら。
何も残せない。

娘のために作ったデザインは
形になったものは残ります。

でも「もし」私に何かあったら、
私の技術やノウハウを伝えられない。

ジュエリーデザイナーになりたくて
学校に行った方は、私と同じところで
つまずいたり、悩んだりすると思うのです。

でも、私の頭の中にある
ノウハウは何も形になっていない。

これ、伝える方法を
作っておきたい。
そう思ったのです。

 

 

デザイン講座を3つに分けた理由

それは、これまで学んだ知識を
使えずに、別の仕事についている
人をたくさん知っているからです。

ジュエリーデザイン学科を卒業した
私の学校同期で、卒業してすぐ
ジュエリーデザイナーとして
就職できたのは、ほんの数名でした。

企業にデザイナーとして
就職できなかった場合、
営業や販売職でジュエリーに
関わるお仕事を選ぶ人が
多かったのです。

営業や販売ももちろん楽しいし
やりがいもあります。
でも、大金を払って学んだ知識を
活かせていない人がいる。
それもったいない!!
と思ったのです。

 

ジュエリーデザイン学園は
初心者向けの基礎講座と実践講座の上に、
ジュリーデザイナー起業講座があるという
構成になっています。

 

三面図が描けて理解ができる方に
また基礎から時間をかけるのは
もったいない。
三面図の知識を生かして即
実践できる「起業講座」を
受講する事もできるように
したかったのです。

(ブランクがある方は
基礎からもう一度おさらい
したほうが上達は早いです。)

私は、研究科まででたけれど
全然足りない!!とかんじて
基礎から学び直した経験がありますが
一度やっているからおさらいにもなり
上達も早く、飛び級のように課題を
終わらせて、次に進む事をやって
いました。

どちらを選ぶかは自由です。

講座詳細説明パンフを
本日入稿しましたのでご希望の方は
こちらのフォームから
ご請求くださいませ。

カタログとともに無料でお送りいたします

資料請求フォーム

これまでに学んだ知識を生かして
ジュエリーを仕事にしませんか?

三面図が描けてわかる方向け
ジュエリーデザイナー起業講座
2019/3/2,9,16,23開催決定

基礎からじっくりor初心者向け
ジュエリーデザイン通信講座

 

受講お待ちしております!

 


__________________


写真をとっておくるだけ!
修理相談や見積もりが無料でわかる!
ジュエリー写メール相談(無料)



ご相談はこちらから

しまい込んでいたジュエリーが
蘇る!リフォーム・オーダー
デザイン提案ご希望の方は
こちらからご予約ください
(オンラインでもご相談頂けます)



RESERVA予約システムから予約する


__________________