中学生にもわかるように、自分の仕事を 説明する経験/ジュエリーデザイナー編

友人の中学生のお嬢さんに出された
「職業調べ」という内容の宿題に
ジュエリーデザイナーとして協力
してみました。

ちょっと面白い設問があったので
私の回答をシェアします。

ジュエリーデザイナーってどんなお仕事
しているの?という方の参考になれば。

中学生にもわかるように答えるのが
結構大変でした!(笑)
いい経験になりましたよ^^

職業調べ

要は、世の中にどんな仕事があるのか
調べてみよう!といった意味合いのもの。
私が答えた内容はこちら!

調べた職業名

ジュエリーデザイナー

主な仕事内容

結婚指輪や使っていないジュエリーの
リデザイン(リフォーム)
オーダーメイドやオリジナルジュエリー
のデザイン。

ある日のタイムテーブル

起床(7:00)

勤務時間(9:30)

勤務終了(17:30)

この職業に必要な資格・能力・向いている性格

資格:得にないです。
要はジュエリーデザイナーです、と
言ってしまえば誰でもなれます。

能力:イメージを形にする設計図が描けること
形にできないデザイン画は「イメージ画」です。
作れるものを描けることがデザイナーの能力。

向いている性格:
デザイナーと作家で分かれます。
デザイナーは、自分の中にお客様の希望を
受け入れるスペースが必要。
私の好み、ではなくて
私のセンスをお客様に生かす、という
感覚が持てるかどうかです。

作家は、自分のセンスにお客様を呼び込む
イメージ。自分の世界観を形にするのが仕事。

作家とデザイナー(クリエイター)は
違います。一人の人の中にどちらもあるのが
普通なので、それを使い分けできると
ベストですよね。

この仕事についてよかったこと、やりがい

描いたものが形になること。
デザインしたものを一生その人が
使ってもらえること。
使い捨てでなく、メンテナンスして
長く使えるものを提供できること。
人と人とをジュエリーでつなぐ、
記念のものを変わらない形に残せる
こと。あげるときりがありません^^

仕事で辛いこと、苦労すること

お客様の予算の本音を引き出すこと。
10万円の予算の方と、100万円の
予算があった場合、作れるものが
違います。それは事実、なのですが

でも、私は「10万円しかない」から
これ「しか」つくれない、とは思わせない
接客をしたいのです。

限りのあるご予算の中で、一番ベストな
ご提案をしたい。でもお客様ご本人も
予算のイメージが付かない方も多い。

でも、そこを探りつつ、提案して
様子を見ながら提案するのが苦労する
ところであり、面白い所でもあります。

中学生のうちに身につけるべきことやアドバイス

これいい質問ですよね!!!
感動しました。

私の答えはこれ!

「興味があることを片端からやること」

三日坊主になっていいのです。
片っ端から、興味が湧いたことをやっていく。
飽きたら、向いてないんだな、でいいのです。
片っ端からやっていくうちに、何故か
わからないけれどこれは続くな、とか

これは興味があるな、というものを
中学生のうちに見つけられたら最強!です

私はこれを見つけようと思ったのが
高校卒業して働き始めてから、でした。

田中オリエプロフィールストーリー⑵やりたいことがわからない!

中学生のときにそれができていたら
いろいろ楽だったろうな。
そう思って伝えさせていただきました。

あなたの仕事のことを
もし、中学生に聞かれたら
なんて答えますか?
ぜひこの設問やってみてくださいね!

-------------------------

あなたの毎日をスペシャルにする
ライフスタイルジュエリーデザイナー
anne-li-gatou 田中オリエです。


 お問い合わせフォームはこちらです

-------------------------

・・新商品のお知らせ・・

子供が書いた絵や文字を刻印して
身につけられるmomento
メンズラインが登場!



・・イベントのお知らせ・・
1日1組限定!無料ジュエリー相談
目の前でラフスケッチ提案が可能。ご相談もお気軽にどうぞ!

<東京・武蔵小山朝活>
毎月基本第二火曜日開催(参加費500円)
東急目黒線 武蔵小山で朝活開催しております。
4月17日(火)10:00~12:00(テーマ:直近3ヶ月を振り返ってみよう!
5月15日(火)10:00~12:00(テーマ:サービスPR&リーチ方法シェア会


-----------------------