海外旅行で気がついた「年齢を重ねる」事のメリット

海外に行くと色んな発見があります。
日本では「これが普通」こうする
のがあたりまえ。それを不思議に
感じなかったのに、海外でそうでない
パターンを知ると、自分の常識が
いかに視野が狭いか知る事ができる。

なんだか視野が狭かったなぁと
気づくために海外へ定期的に
行くのはいいかもしれません。

美白は「本当に」自分が望んでいる事?

海外で見かけた素敵な女性。

日焼けしてシミもある肌。
でもだからこそ美しいマダム。‬

‪日傘で防備している人は皆無で
皆、太陽を楽しんでいる。


そもそも白い、シミのない肌が
ベストだと「あなた自身は」本当に
そう思ってるの?と
価値観を問いかけられる‬感覚。

 

日焼けするとシミになる。
でもそのシミも楽しい時間の歴史
なのですよね。

楽しい時間の歴史を肌に刻んだ
マダムは、なんだかかっこよく
見えました。

そもそも、私は中高と水泳部で
真っ黒になるまで日焼けしていた
のです。でも日本にいると
「美白」が当たり前。

シミ、そばかす撃退!が普通。
それに疑問をもっていなかった
のだけれど、部活で水泳部選ぶ
あたりから価値観としては
太陽大好き、だったはず。
あれ?どうしてこうなったのかな?

太い二の腕は隠す?

ファッション誌を見ると
「太い二の腕を隠す服」が
特集されていて、二の腕は
隠さないといけないもの、
もしくは鍛えて細くする
「べき」もの。

みたいに感じていたのですが
海外のマダムは、太かろうが
なにしようが堂々と、出す。

ぽにょっとしたお腹でも堂々と
ビキニを着る。

だれも、「あの人あんなお腹で
ビキニきて〜」なんて言わない。
それが、普通。

なんだか自分が自意識過剰な
気がしてきましたよ!

年を重ねるからこそ似合うものがある

例えば、私がよくつけている
この大きな石のリング。

これは、44歳になった私だから
こそ、つけこなすことができるもの。

年を重ねる事で、
そして貫禄が出てきた指や肌だから
こそ、似合うものがある。
それが、「華奢」なだけでない
ジュエリーなのです。

大きな石を若い時につけると
どうしても「石に着けられ」て
しまう。

でも年を重ねる事で
「自分をひきたてる」アイテムに
する事ができるのです。

年齢を重ねる事は怖くない。
むしろ、似合うものの幅が増える
ということ。

そんな事に気付かされました。

たとえ二の腕がたくましくても
シミやそばかすがある肌だって
それは楽しい時間を重ねてきた
証拠。

とはいえ、強い日差しは
日射病の心配もあるし、
日傘や帽子は便利なアイテム
でもあります。

日焼けを必要以上にきにする
のではなくて、毎日の生活を
より快適にするアイテムとして
今後は取り入れていきたいなと
思います。

 

おばあちゃんから受け継いだ石
大きすぎて着けられない!
そんなアイテムお持ちではない
ですか?大きな石は、どんどん
着けることで着けこなせるよう
になります。

あなたの人生を重ねてきた
お肌に似合うジュエリーご提案
しますよ!
ぜひご相談くださいね♪

 

-------------------------

物語をジュエリーに
あなたの歴史をジュエリーに
anne-li-gatou 田中オリエです。

 お問い合わせフォームはこちらです

-------------------------

・・イベントのお知らせ・・

7月11日 10:00~11:00 フレームセッティング体験講座
(詳細はこちら

1日1組限定!無料ジュエリー相談
目の前でラフスケッチ提案が可能。
ご相談もお気軽にどうぞ!


<東京・武蔵小山朝活
毎月基本第二火曜日開催(参加費500円)
東急目黒線 武蔵小山で朝活開催。


-----------------------