オリジナル作成したコストを回収する方法/ジュエリー小ロットOEMサービス

ジュエリー小ロットOEMサービスは、グルーデコの土台等市販のものを使って教室運営をされている方の、「いつか自分のオリジナルの型を作りたい」という夢を叶える、少量での量産を可能にしたサービスです。今日は、量産には興味があるけれどいったいいくらくらいかかるのか、価格目安についてのお話。

量産した商品のコスト回収

 

参考例
原型代=¥30,000円〜*例として80,000円で計算
初回サンプル作製代=¥10,000
型代=¥10,000
.
合計¥100,000で計算します

 

シルバーのフルオーダー料金=原型代です。1点ものを作成すると、そのデザインを作成するのにこの場合だと80,000円。
でも、型を作って量産すると、1個あたり10,000円前後で作成が可能になり数が10個単位になると9,000円前後になるイメージです。
自分ブランドオリジナルジュエリー詳細
*デザインにより大幅に変わります
*シルバーの場合で計算しております

1個作ると100,000円かかるデザイン。1個量産すると10,000円。10個数がまとまると9,000円*10個です。量産したものをいくらで販売するかで回収できる期間が変わってきます。ここでは例として、1つ30,000円で販売したとして計算してみましょう。

具体的な回収方法

¥9,000*10個量産して1つ¥30,000で販売

量産1回目

原型・型作成代=100,000
量産9,000*10個=¥90,000
合計¥190,000
販売価格30,000*10個=¥300,000
なんと10個量産し、販売できるとコスト回収できてさらに利益が生まれるのです。これを、いくらで販売するのかによって回収にかかる期間がかわるということ。あとは、売れば売るだけあなたの利益にできるということ。石を何を使うか、何の素材を選ぶかによってもお値段は変わってきます

オリジナルを量産するメリット

 実はジュエリーオーダーで一番料金がかかるのは職人の工賃、人件費です。型を取り、それを鋳造して仕上げることで、
コストを抑えることができます。そして、鋳造という方法の性質で数をまとめると1個あたりの鋳造料金を安くできるということなのですね。
これまでは10個まとめた料金設定しかしていなかったのですが、割高になっても都度発注したい、という声がありましたのでお選びいただけるように設定しました。まずはお気軽にご相談ください。
あなたのブランドフラッグシップモデルを作るために私のノウハウを全て使います。安心してお任せください!
お問い合わせ・お申し込みはこちらから