茶封筒を開いて手紙を読む。「手紙小説」の魅力

伝えたいことはメールで送れば
一瞬で相手に届く。
でも、手紙ってまた特別なもの。

お手紙を読むような感覚で
封を開けて読む「手紙小説」と
出会いました。

 

手紙小説

手紙が小説になっているのです。

○○からの手紙、という
文字が書いてあり、薄い茶封筒に
入って封がされています。

発明家から、とか
酔っ払いから、とか。

いろいろ買い込んできてしまった^^

 

手紙の後ろには
「手紙小説在中」の文字。
この封筒に3~4枚程度の
お手紙(小説)が入っているという
コンセプト。

面白いですよね!

こちらを購入したのは、
長崎の眼鏡橋近くの書店、
「ひとやすみ書店」さん。

ここほんと面白い本屋さんで、
本のセレクトがツボなのです。
カフェも併設されているのですが
本読まなくてカフェだけ来てもいいし
本見て帰ってもいいし
せっかく来たから買って帰ろうなんて
しなくていい、って書いてある
ほんと面白い書店なのです

ゆったりしてて
店主の感じもとてもいいです。

本好きも、そうでない方も
あの空間はなかなかいいと
思いますよ!

あ、ビールも置いてました^^
お気に入りの本と出会えるかも
しれませんよ♪

 

 

ひとやすみ書店

長崎県長崎市諏訪町5-3 3F
095-895-8523

食べログページはこちら

-------------------------

物語をジュエリーに
ありがとうをジュエリーに
anne-li-gatou 田中オリエです。

 ストーリーを形にしたジュエリー多数掲載!
オンラインショップはこちら


 4000部作成!新カタログセルフマガジン
「アンリガトウジュエリーブック」
全国に無料発送しております

-------------------------