何かを参考にした時に「パクリ」にならないアイデア展開方法

先日SNSを見ていたら
こんな投稿が上がってきました

「ティファニーだったら○○円のところを
(丁寧にティファニーの対象商品のリンクまで貼って)
♡♡先生のとこで□□円で作れます!」

え。これアウトでしょ。
○○風、なアクセサリーや
ジュエリーって巷に結構あります。
何も、この1件だけではない。
それはよくわかっていますけれど
対象商品をリンクはって
これと同じものが
♡♡先生のとこで□□円で作れます
って書いちゃうんだ。その感覚に
びっくりしたのです。
これ、ティファニーに訴えられたら
負けますよ。いくら賠償金支払わないと
いけないかわかって言ってるのかしら。
そういうモラルの低い方は
ほっておいて。
そこまであからさまでなくても
何かを参考にしてアイデアを
練る時ってありますよね。

パクリにならないアイデア展開方法

今日は、何かを参考にした時に
「パクリ」にならないアイデア展開
の方法をお伝えします。

1、参考にしたいアイデアをまず調べる

今回は「これをモチーフにオリジナルを
作りたい!」と思った時の方法です
敵を知らなくては対応ができません。
まずは参考にしたい商品を調べます。
どんな素材で、
どんなボリュームなのか
どんな石がつかわれているのか。
リサーチします。
現物を触れるのであれば
もちろん触ってきてください。
でも、「パクる」ためでなくて
「この商品のどこに惹かれたのか」
を調べるのです。

2,見たあとすぐにメモしない

お店にリサーチいったあと、
「わすれないように」とすぐに
メモしたりしてませんか?
そうではなくて、頭の中で
「ちょっと」寝かせるのです。
私は、何かを参考にしたい時は
似た系統でなくてもきになるお店や
商品をまとめて一気にリサーチします。
イメージとしては、頭の中にバケツを
用意して、その中に見たものを
どんどん放り込むイメージ。
貯めて、貯めて、貯めまくります。
期間は自分で決めていいのですが
1週間〜10日くらいかな?
雑誌、店頭、広告。
見てみて、見まくります。
リサーチは、決めた期間が終わるまでか
自分のバケツが溢れるまで。
 

3,「溢れてきたもの」でデザインする

見て、それを作るから真似になるのです。
見たものを、自分のセンスを濾過して
エッセンスを凝縮する。そして出す。
それが「あなたの」デザインなのです。
 
パクリでいいの!それが売れるんだから。
そういう感覚で商売される方も大勢
います。それはもう、おすきにどうぞ。
ただ、それをデザインした会社から
「もし」訴えられる様なことになったら。
ご自分が販売した収益以上のものを
賠償しなくてはならなくなる、ということを
知っておいてくださいね。
自分ブランドオリジナルデザイン
グルーデコの土台等オリジナル
アイテムを少量からOEMできる
サービスです。
あなたのアイデアを「量産」して
販売することで、原型代の回収ができます。
あなたの「パクリでない」オリジナル
センスを待っているファンのためにも
ぜひ、あなたの、あなただけの
真似でないオリジナル商品を
作ってくださいね!
売り上げNo1の商品作りを
銀座のブランドで経験してきた私が
あなたオリジナル商品作成のお手伝いを
いたします。
ご相談・お問い合わせ
こちらからお気軽にどうぞ!
 
-------------------------

物語をジュエリーに
ありがとうをジュエリーに
anne-li-gatou 田中オリエです。

 ストーリーを形にしたジュエリー多数掲載!
オンラインショップはこちら


 4000部作成!新カタログセルフマガジン
「アンリガトウジュエリーブック」
全国に無料発送しております

-------------------------