何かを参考にしたデザインがパクリかどうか判断するポイント/ジュエリー小ロットOEM

先日、ジュエリーの
パクリ商品を作らない理由という
タイトルのブログを公開しました。

ジュエリーのパクリ商品を作らない理由

でも、何か新しいものを
作る時に、全く何もないところから
作り上げる人って少数。

「何か」を参考に
新しいものを作るのは多いにアリ、
なのです。

本日は
製作したいそのデザインが
果たして「パクリ」なのか
「デザインを参考」にしているのか
判断するコツをお伝えします。

 

これはNG!パクリ域を得ていないもの

デザインそのまま

 

これはわかりやすいですよね。
誰が見てもNGとわかります。

ちなみに
「パッと見」同じもNGですよ!!

「ちょっと」
変えただけ、じゃダメってことです。
元デザインの良さを消化して
より良いものを作る必要があります。

 

長さを変えただけ

例えば、ぶら下がるタイプの
ピアスだった場合。
ぶら下がるチェーンの長さを
1cm変えただけ。これはNG。

 

グレーゾーン

数を変える

例えば、参考にした
ブランドのリングが
全周にとびとびで
ダイヤが6こ入っているとして

希望が全周に8個はいっているもの
もしくは4個や5個等になって
いるもの。

判断のポイント

ジュエリーを製作する多くの場合は
「型」を作ります。

要はその型を使って本家のものが
つくれないものであれば
いいのです。

たとえば、等間隔にダイヤが
6個入るリングがあったとして
8個のものを作るには、新たに
型を起こす必要がありますよね。
それならグレーですがまあOK

でも、チェーンに20cm間隔で
ダイヤが等間隔に入っている
ネックレスがあったとして

その間隔を10cmにしたらいいのか
というのはグレーに近い黒。

 

理由は、そのブランドが仕様変更で
チェーンの長さを変更する可能性が
0ではないからです。

本家が今20cm間隔で商品をつくっている
けれど、次の新作は10cm間隔にしよう!
となる可能性が0ではないですよね。
もしそうなった場合、パクリ商品に
なってしまう、という論理です。

 

自分が考えているデザインが
模倣になってしまうのか
判断に困った時は
ご相談ください。

あなたのイメージを
形にするお手伝いをさせて
頂きます

個人向け
コンサル・相談メニューはこちら

量産をお考えの方向け
ジュエリー小ロットOEMサービス
初回相談無料です。

ご自身用の1点ものオーダーメイドは
無料で何度でもご相談いただけます
オーダー&セミオーダーサービス

 

*********************
ストーリーを形にするジュエリーデザイナー
田中オリエの
Facebook、Twitter、Instagramはこちら
お気軽にフォローしてください

フェイスブック
ツイッター
インスタグラム


<イベント>
2019.1.7~3/末 東京武蔵小山期間限定ショップ

<ルースを自分で加工できるフレームセッティング>
体験講座スケジュール

<3万円からのプチリフォーム・オーダーメイド>
店頭予約スケジュール
 

-----------------------

アンリガトウ田中オリエの世界が
詰まったカタログ(小冊子)を
無料でお送りします!

申し込みは
下記フォームよりお願いします
お申し込みはこちら

-----------------------
follow me on Instagram