ブースレイアウトのコツ/受注生産サンプル品の展示方法

2018.4.27,28の両日東京ビックサイトで
開催のminneハンドメイドマーケット2018
出展してきました!

ビックサイトでの出展は初!!
でしたのでレイアウト等かなり悩みながら
現場で実践してきましたのでレポします。

第一弾は、「ブースレイアウトのコツはブランドコンセプトを固めること」

第二弾は、「小さなアイテムを高見せする方法」

第三弾は、「商品のストーリーに合ったレイアウト」

商品を全部配置せず、
3種類に絞ることにした私が
一体どのように商品を配置したのでしょうか。

今回は最終回!家族の歴史を刻印できる
momentoシリーズについてです。
実はこのアイテム、「即売」向けではありません。
「受注生産」で作る商品を、イベントで展示
する場合、あなたならどうしますか?

テーブル上のレイアウト

 

左から、
物語をモチーフにしたジュエリー=赤毛のアンチャーム

ストーリーのあるジュエリー=猫のしっぽモチーフイヤーカフ

歴史をジュエリーに=家族の歴史を形にできるmomento

今回は一番右のmomentoについてです。

momento(モメント)

 

momento(モメント)とは、
お子さんが書いた絵や、初めて書いた文字等
家族の歴史を身に付けられるジュエリーにする
ファミリージュエリーです。

お子さんが描いた絵や文字をお預かりし
それを筆跡そのまま、刻印できるサービス。
ネックレス大小、キーホルダーやカフス等の
メンズジュエリーまでラインナップも様々!
なのですが、

これ、「即売」できませんよね。

その場でお客様にならなくても「のちのち」
こんなのあったなと思い出してもらえる
商品。

なので、ハンドメイドマーケット会場で、
「展示」というスタイルでご紹介しました。

左から:カフス

カフスに刻印されている文字を
POPとして配置しました。
こうしておけば、このケースを見せるだけで
お客様に説明ができます。

中央下:小チャーム +ブレスレット
大チャームはペンダントとして使うイメージを
していただきやすいのですが、小さいのは
どうやって使うの?というご質問を頂きますので
このように、ブレスレットとして使う着用
イメージで展示しました。

右:大チャーム小チャームK10
大きさや色をよりぱっと見で伝えやすく
するために、並べて配置しました。
大チャームは、シルバーチェーン
もちろん使えるのですが、アレルギーの
方にもお使いいただけるよう発売した
コード&シルバービーズセットに通して
Tシャツにもお使いいただけるという
着用シーンを提案しています。

 

ケースの中で、「どんなことが」
「どんな風に」仕上がるのかの
イメージを展示するのです。

でも、「これいいな」と思って頂いた
時に、「覚えておいて」もらう必要が
ありますよね!
ということで、展示ケースの前にこんな
ポストカードサイズのカードチラシを
置きました。

目を留めてくださった方に
覚えてもらうためのツールです。
こちらも今後、冊子としてお配り
できるようなツールに進化させて
いきますよ!

次回は5/13デザフェスでます!
私のブースはまだまだ進化して
行きますよ^^

次回のデザフェスで新作も
発表します。
なんと「白雪姫」を
モチーフにしたジュエリー。
こちらもどうぞお楽しみに!