ひき肉料理の美味しさを倍増させる「噂」の食材、それは!

シマノアヤコさんのレシピ、
その名もアヤコバーグ作って
みました!噂の食材を入れる
と、ひき肉料理がめちゃめちゃ
美味しくなるのです!!

美味しそうでしょ^^

噂の食材、気になりますよね?
それはなんと「油揚げ!」

ハンバーグに、油揚げを
刻んで入れると、コクが出て
美味しいのです!!

私以前作ったのですが
美味しすぎて写真撮るのを
忘れてしまいw

今回、鳥つくねにしても
おいしいよ!と教えてもらって
今夜はお鍋にしました^^

シマノアヤコさんレシピはこちら!

材料は、鳥ひき肉に、油揚げを入れる。
アヤコさんレシピだと
300gに2枚ですって。
でも多少多くても少なくても
おいしいですよ!

ハンバーグだったら、合挽き肉に
玉ねぎやパン粉を入れる時に
油揚げを入れるの。

これだけで本当においしい!!

ちなみに、今回とりつくねとつみれの
違いを調べたので載せますね^^

 

■つくねとつみれの違い■

つくねとつみれの違いは、
具材によるものではなく
その作り方にあります。

つくねの語源となっているのは
「つくねる」という動詞で、
これは手でこねて丸めるという意味。
つまり、ひき肉や魚のすり身に調味料や
つなぎを入れた生地を手でこねて混ぜ、
団子状に丸めたものが、つくねです。

一方、つみれは「つみいれる」
という動詞が語源です。
ひき肉やすり身を手でこねて
よく混ぜるのはつくねと同じ
ですが、その生地を適当な
大きさにして丸めるのではなく、
生地のかたまりから手や
スプーンなどで一口大の大きさに
つみ取って、そのまま煮汁や鍋に
入れて調理します。
この生地を「つみいれる」という
作り方が、「つみれ」の名の
由来になっているのです。

ゼクシイキッチンより引用
引用元はこちら

作り方が違うのですって!
勉強になりました^^
今回のお鍋はスプーンでお肉を
形成したので「つみれ」ですね♪
でもこれ、タレつけて焼いても
絶対おいしい!!
ので次回はつくねでリベンジします