展示会で来場者が売り込むと嫌われる。でも「喜ばれる」売込方法があります

ブライダル産業フェア出展
終了しました!たくさんの方と
名刺を交換させて頂いたり情報
交換させて頂きました。
ありがとうございます!

今回のイベントでも、また
これまで出展したイベントでも
一定数いらっしゃる、
来場者でそれ逆効果だよなあ
と思うこと。それは

「win-winにならない売り込み」
です。

展示会は来場者が売り込む場?

来場者の方は、自社に取り入れ
たいサービスが何かないかな?
という目線で視察される方が
ほとんどだと思います。

自社(来場者側)もその
サービスを取り入れて嬉しい。
出店者側も、その企業と組める
ことでなんらかのメリットがある

これが本来だと思うのです、が。

これまでのイベントでも
2日で3組位あるのが
「自社(来場者側)のみに
メリットがある売り込み」
これは嫌われちゃいますよ!

*あくまで私の主観です

win-winになる売り込みとは

例えば、
出展者側:飲食店
来場者側:食べ物の写真を撮るのが
が上手いカメラマン
だったとしますよね。

飲食店の方は、メニューを
掲載するのに写真やイラストを
使いたい場合が多い。
文字だけだとどんなメニュー
なのか伝わりにくいからです。

そこで、カメラマン側がその
お店のブースにあるメニュー
を見て、文字ばっかりの
メニューだったら、
「こんな写真撮れますよ」
という提案をするのは
私的には、あり。

でもこれ、展示会来場しなくても
行きつけのレストラン等で
売込みできちゃいそうですね^^

「win-winにならない売り込み」とは

お互いの売上が上がる提案なら
もちろんいいのです。
でも、そうではなく自社側「だけ」
の売上を作りたい意図での売込。

売込みたいなら出展したらいいのに。
そう思われて印象よくないし、逆効果!

でも、逆に言えば
「win-winになる」売込みは
大歓迎されるということです。

あなたの売り込みたいサービスを
売込みたい相手とwin-winになる
ような提案をすればいいのです。

展示会出展はお金も時間的な
コストもかかります。
でも、それでも出展するのは
「仕事を作ろう」としている
からなのです。

そこで自社(来場者側)のみ
にメリットがある提案しても
逆効果、ですよね。

でも自社と組むことで

こうするとこんな風に売上
あげますよ!という提案まで
できるならどんどん売り込む
と喜ばれます。

出店者側も来場者側も、
どちらも嬉しいトレードショー
が増えるといいなと思います!

-------------------------

物語をジュエリーに
あなたの歴史をジュエリーに
anne-li-gatou 田中オリエです。

 お問い合わせフォームはこちらです

-------------------------

・・イベントのお知らせ・・

7月11日 10:00~11:00 フレームセッティング体験講座
(詳細はこちら

1日1組限定!無料ジュエリー相談
目の前でラフスケッチ提案が可能。
ご相談もお気軽にどうぞ!


<東京・武蔵小山朝活
毎月基本第二火曜日開催(参加費500円)
東急目黒線 武蔵小山で朝活開催。


-----------------------