お花を長持ちさせる水切り方法

毎日をスペシャルにするジュエリーライフスタイルをご提案
ライフスタイルジュエリーデザイナー
anne-li-gatou 代表 田中オリエです

夫からホワイトデーに花束をもらいました(^^)


お花ってやっぱり貰うと嬉しい(^^)

せっかく貰ったお花。長持ちさせたいですよね♪

ということで、「お花の水切り」のやり方をご紹介します。じつは私、假屋崎省吾さんの弟子でして、華道1級もっているんですよ(^^)

お花の水切りやりかた

1,花束の一番下の部分だけラッピングを破り、補水のためのティッシュ等を取り除いて茎をだします。だいたい3cm以上出ればok


2.水を張ったボウルを用意。

1.で出した3cm分全てが水に浸かっている状態で、先端から1cm以上をカット。

「切った後の茎もお水に浸かるように」切るのがポイント。茎をカットしたとき、その瞬間に一番水を吸うのです。なので断面が空気に触れてしまうと吸い込めなくなってしまうんですね。


なので、ボウルに水を張っても、流水を入れ続けていると泡が立ってしまって=断面が空気に触れてしまうので効果が半減してしまうのです。
4.カットしたら、そのままボウルにいれて5〜10分くらい放置。

これだけ☆

後は、ご自宅のグラスに挿せば完成です♪

お花屋さんのラッピングって可愛いものが多いので、貰った当日やその次の日くらいまではお花と共にもらった時のラッピングも楽しむのがオススメですよ♪

-------------------------

物語をジュエリーに
あなたの歴史をジュエリーに
anne-li-gatou 田中オリエです。

 お問い合わせフォームはこちらです
 10月末完成予定・新セルフマガジン請求フォームはこちらです
-------------------------

イベント出展ご案内

PLUG IN 2018年10月展出展決定!
2018.10/24(水)~26(金)10:00-19:00(最終日18:00)
会場:渋谷ヒカリエ9階
アンリガトウ PLUG IN出展詳細


<東京・武蔵小山朝活
毎月基本第二火曜日開催(参加費500円)
東急目黒線 武蔵小山で朝活開催。


-----------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)