現金を扱うイベントでのお金管理方法

チケット制ではなく、現金を扱うイベント
の場合、どうお金を管理しているか、
教えて頂けたら、嬉しいです!

こんな質問をいただきましたのでお答え
させていただきます。それはずばり、

「領収書を渡す事」

領収書を渡す意味

イベントでお客様から直接現金で
お金をいただく事ありますよね。
お釣りを持ってきていて、
イベント時にお金の出し入れがあり
イベント後に確認してみて、一体
いくら売り上げたのかな?
という時。

そんな時に領収書を発行しておくと
自分の為にも楽なのです。

どんぶり勘定ではダメな理由

イベントで小銭を扱う場合、多くの方は
どんぶり勘定になっているのでは。

でも、それだと、お釣りと混ざったりして
一体いくら、売り上げたのかわからなく
なってしまいます。

領収書を必ず渡すようにしておけば、
お金の出入れを領収書を合計して確認し
現金の残高と合わせてあっていれば、
間違いがない、と2つの方法で確認する
ことができるのですよ♪

プロとして扱われたいならば領収書は必須

でも、これすでに起業している人であって
も、領収書を「言わないと」渡さない人
結構いるのですよね。

請求されたから渡すのが領収書、では
ないのです。

領収書=領収証。
領収の証、です。
お金を現金で受け取ったら
「渡すもの」として認識して
おく方がいいですよ。

だって、一流のお店、ブランドショップで
領収証(レシート)を要らないです、と
断る事はあっても、お店から領収証を
渡すそぶりもされないって、ないですよね。

要はそういう事です。

本気で、キチンと仕事としてこのサービス
をやっています、という事を領収証をお渡し
する事でもお伝えできるのです。

自分がやっているのは
バザーではない。

本気でお仕事としてこの商品を扱っています、
という事であれば、いろんな意味を込めて
領収証をお渡しする事を癖にする事を
オススメします。

-------------------------

物語をジュエリーに
ありがとうをジュエリーに
anne-li-gatou 田中オリエです。

 ストーリーを形にしたジュエリー多数掲載!
オンラインショップはこちら


 10月末完成予定・アンリガトウジュエリーブック予約受付中
-------------------------

イベント出展ご案内

PLUG IN 2018年10月展出展決定!
2018.10/24(水)~26(金)10:00-19:00(最終日18:00)
会場:渋谷ヒカリエ9階
アンリガトウ PLUG IN出展詳細