開発コストを回収する2つの方法/自分ブランドオリジナルジュエリー

オリジナル製品を作ったはいいけれど
かかったコストを回収できるかしら?
在庫を抱えることになるのではないかしら?

そう思ったあなたへ。「かかったコストを
回収する」方法をお伝えします。

 

自分が「販売元」になる

あなた自身が貴和製作所さんやパーツクラブ
さんのようなパーツ取り扱い店になるのです。

あなたオリジナルのパーツが欲しい!という
お客様に販売する、という事。

グルーデコの枠は、その教室からしか
買えない枠として他の教室の先生へも販売し
各お教室でも習える枠にする事で販売機会を
増やすことが可能。

自分の作品をいろんなところでキットにする
と考えるとかなり販売機会が広がりますね!

 

製作体験講座やワークショップを開催する

・・・でも、せっかく自分オリジナルの
土台なのだから他所の教室や作家さんに
提供するのは抵抗があるなあ・・・という方

そういう方におすすめなのは
「ワークショップ開催」です。

例えば何か半製品のパーツを開発したとして
そのパーツを使ってアクセサリーを
完成させる「ワークショップ」を開くのです

オリジナルパーツの発注は1個から可能。
オーダー頂いてから約1ヶ月で納品します。

・・・ということはですね。

ワークショップを告知して、
お客様を集めはじめてから型を必要な数分
発注する、ということもできるのです。

「職人」「作家」にこそおすすめなのは講座方式にすること

12345678901234567890

店舗を持たず、ネットショップで販売して
いるというアクセサリー作家さん、
多いですよね。

商品を手にとって、見てみて触ってみてから
買いたい、と思っているお客様も
ある一定数います。特に天然石。
全て均一な品質で揃う、工業製品の
スワロフスキーとは違い天然の石は
好みや相性があります。

そういった「ここにいけば会える」
「見られる」ではない固定店舗を持たない
作家の方だからこそ、商品を見られる
試着会を開催するのです。

そこでワークショップ的に、半製品を
「自分で」完成させる講習会を開く。

製作例を作って写真を撮る、のではなくて
お客様自身に作ってもらった作品を
写真撮らせていただいて、掲載する。

撮影するためだけの「在庫」を
もつ必要がない!
なんてすてきなんでしょう。
ワークショップ、おすすめです。

 

オリジナルパーツを開発するのに欠かせないポイント

作家・アーティストの方は、ご自身の世界観
を表現し、その世界観が好きな人が集まって
きてお客様になります。

だからこそ、「こういうの売れるかな」では
なくて『私はこういうの欲しい』を
形にすることが大事。

それが市販のパーツでは、表現仕切れないから
パーツから「作った」と聞いたらその作家を
好きなファンの人は興味をもっちゃいますよね。

「売れそうだから」とそこにいない誰かを
ターゲットにするのではなく
「私が欲しいから、それを欲しい人がいるはず」
を形にしていくのが作家。

あなたの「好き」に周りのファンを巻き込んで
素敵な世界を広げていくお手伝いをさせて
いただきます。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいね!

 

----------------------

あなたの毎日をスペシャルにする
ライフスタイルジュエリーデザイナー
anne-li-gatou 田中オリエです。


<新商品>
子供が成長する瞬間を、
永遠に変わらないジュエリーという
形にできるmomento(モメント)発売中




<ブライダルジュエリーオーダー>
あなたの好きを形にする
世界で1つのジュエリーお作りします


<ジュエリーリフォーム&修理>
使っていないジュエリーを使えるように
する、ジュエリー修理&リフォーム相談
お気軽にどうぞ!

<講座>
穴のない天然石を手軽にご自身の手で
加工ができるフレームセッティング講座
現在、グリーンフローライト付きの
体験講座募集中。
希望の方は、受講希望日を明記の上、
お問い合わせフォームからご連絡ください。


-------------------------

 お問い合わせフォームはこちらです

-------------------------

<東京・武蔵小山朝活>
毎月基本第二火曜日開催(参加費500円)
東急目黒線 目黒から2駅武蔵小山で朝活開催しております。

12月19日(火) 12:00~14:00(テーマ:クリスマス会/プレゼント交換
1月16日(火)10:00~12:00(テーマ:なんでも相談会


-----------------------

新セルフマガジン
「毎日がスペシャルになる
ジュエリーライフスタイル」
無料で発送します!
申し込みは下記フォームよりお願いします。
セルフマガジン申し込みフォーム