デザイナーに「なるために」必要なものは何?デザイナーと作家の違いに迷うあなたへ

デザイナーになる為に、何が必要だと思いますか?
資格?スキル?経験?

資格やスキルが必要ないと教えているセミナーもあります。
その情報は正しくて、間違っています。

デザイナーに「なるために」必要なもの・必要ないもの

「なるために」であれば

学生でデザイナーとして企業に
就職する時はスキルも経験も
ありませんよね?

 

これから
「実績や経験を積んでいく」のですから。

 

ロジックはここまでにして今日は
「デザイナーとして活動していくために」
という意味でお書きします。

 

デザイナーとして「活動するために」必要なもの・必要ないもの

資格=いりません

デザイナーは、「国家資格」ではありません。なのでそもそも「資格」はないのです。
ですので、極端な事をいえば、名刺に「デザイナー」と刷れば誰でもデザイナーに「なれます」

経験やスキル=必要です。

スキル(勉強したり訓練したりして身につける能力)=経験を積む事、もちろん必要です。

ジュエリーは「工業製品」ではなくすべて手作りで製作している為、
作ってみないとわからない、という部分がまだまだ多いのです。
そこを想像し経験を踏まえてデザインするということは
大変でもあり楽しいところでもあります。

 

 

デザイナーの仕事とは

お客様のイメージを表現すること

そう。アーティストでないのであれば
「お客様の」イメージを表現することが大事なのです。

会社員としてジュエリー会社に勤務するのであれば
「その会社らしさ」を表現する必要があります。

 

自分の感性をデザイナーとして生かす方法

ここがちょっと難しい。

自分を表現してはいけない、ということではないのです。
イメージしてもらいやすくするためにいうと

箱があって、その箱の中を素敵に装飾する、とでも
言ったらわかりやすいかもしれません。

「ここからここまで」という枠があり
その枠=ブランドアイデンティティを守りながら表現するのです。

「自分を」表現してはいけないというわけではないのですが
隠そうとしても滲み出てしまうのが個性、だと理解すると仕事がしやすくなるかもしれませんね。

 

アーティストとしての「作家」

アーティスト(作家)とデザイナーは違う。
それを理解すると楽になります。

自分がアイデア発信の中心でそれを発信する、それは
デザイナーもアーディストも同じなのですが、

アーティストはより「自分の世界観」を表現することが
求められます。

私は最初ここがわかっていなくて大変でした(笑)

お客様のアイデアを表現すること

これって簡単なようで実は難しい。
だから、ジュエリーリフォームをご依頼される時に

「こんなに聞いてくれるんだ」とか
もっと好き勝手されちゃうのかと思いました

なんて感想が出てくるのだと思います。

私のオーダーメイドジュエリーや
ジュエリーリフォームは

あなたのアイデアを形にしたり
あなたのイメージを形にするもの。

しっかりと「デザイナー」として
デザインさせていただきます。

 

タンスにしまい込んだジュエリーがある方は
ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいね!

 

 

-------------------------

物語をジュエリーに
あなたの歴史をジュエリーに
anne-li-gatou 田中オリエです。

 お問い合わせフォームはこちらです

-------------------------

・・イベントのお知らせ・・

7月11日 10:00~11:00 フレームセッティング体験講座
(詳細はこちら

1日1組限定!無料ジュエリー相談
目の前でラフスケッチ提案が可能。
ご相談もお気軽にどうぞ!


<東京・武蔵小山朝活
毎月基本第二火曜日開催(参加費500円)
東急目黒線 武蔵小山で朝活開催。


-----------------------